学術講演会謝金手続について

教務課 大学院教務係 (内線5073

 

各学科(専攻)で学生を対象として開催される学術講演会の講演者に対し、大学からの謝金が用意されています。

学科と専攻を合わせて1件の割り当てとなっていますので、学科専攻内で調整のうえ、

教務課大学院教務係(kyomu-k@office.uec.ac.jp)にご連絡ください。

※謝金は清算(事後)払いとなりますのでご了承ください、また講演者が非居住者(外国在住者)の場合は立替払いでお願いします。

 

(提出書類)

 実施前に提出が必要な書類

学術講演会実施計画書   word (pdf)

     ○謝金額は90分15,600円、60分10,400円となります。 平成25年度から金額が変更されました。

   ・講演者の講演実施承諾書 書式任意(講演者からの承諾の電子メールでも可)

   ・講演会の開催通知案内等

 

実施後に提出が必要な書類

学術講演会実施報告書   word (pdf)  (計画書の書式も表示されます)

振込依頼書(講演者口座)  (pdf) 立替される場合は不要です

 

なお、謝金を立替払いされる場合には、下記の書類のご提出もお願いいたします。

(謝金の振込先は立替をされた方の給与振込口座になります)

委任状(大学からの謝金の受領を、立替された方に委任されたことの証明になります) word (pdf)

領収書(講演者から立替された方への領収書です)                 word (pdf)

※これらの書類には、講演者の方の押印が必要となりますので、ご持参いただく旨お伝え願います。

(外国人の方で印鑑の無い場合はサインで結構です)

 

謝金額について,実際にお渡しする額は所得税(居住者10.21%,非居住者20.42%)控除後の額になります。

 非居住者については免税の制度が適用される場合があります。

 所得税,免税についての詳細は財務課のページでご確認ください。