シラバス参照

講義概要/Course Information
2021/06/18 現在

科目基礎情報/General Information
授業科目名
/Course title (Japanese)
Mathematics for Information
英文授業科目名
/Course title (English)
Mathematics for Information
科目番号
/Code
開講年度
/Academic year
2013年度 開講年次
/Year offered
3/4
開講学期
/Semester(s) offered
前学期 開講コース・課程
/Faculty offering the course
情報理工学部
授業の方法
/Teaching method
講義 単位数
/Credits
2
科目区分
/Category
開講学科・専攻
/Cluster/Department
情報理工学部
担当教員名
/Lecturer(s)
太田(和)・岩本(貢) 
居室
/Office
東3-928,東3-924
公開E-Mail
/e-mail
kazuo.ohta_(atmark)_uec.ac.jp, mitsugu_(atmark)_uec.ac.jp
授業関連Webページ
/Course website
http://ron.inf.uec.ac.jp/class/mathematics_for_information/
更新日
/Last updated
2013/04/09 15:56:54 更新状況
/Update status
公開中
/now open to public
講義情報/Course Description
主題および
達成目標
/Topic and goals
This course aims to develop your skills in discrete mathematics through discussion on the theory of impertial games. Elementary knowledge of discrete mathematics such as logic, sets, maps, and relations, etc., are required.
前もって履修
しておくべき科目
/Prerequisites
離散数学
前もって履修しておくこ
とが望ましい科目
/Recommended prerequisites and preparation
アルゴリズム
教科書等
/Course textbooks and materials
Winning Ways vol.1, by E.Berlekamp, J.H.Conway, R.K.Guy, ISBN: 978-1568811307
授業内容と
その進め方
/Course outline and weekly schedule
The lecture consists of two parts: the first part is the lectures on Sprague-Grundy Theorem, and the latter part concsists of reports by students on several impertial games.

I. Sprague-Grundy Theorem:
  1. Combinatorial game and Nim
  2. Algebra in games
    2.1: Adding two games
    2.2: Partition of positions
    2.3: Algebraic properties of impartial games
  3. Characterizing the winning positions
    3.1: Observations on Nimbers
    3.2: Sprague-Grundy theorm: formal proof
  4. Winning ways

II. Discussion on several impertial games:
Topics will be selected from the textbook and they will depend on situations.

Assessment policy:
Reports (resume and talk) in part II, and contribution (discussion) throughout the class.

Details of Schedule is described at
http://ron.inf.uec.ac.jp/class/mathematics_for_information/13/
実務経験を活かした
授業内容
(実務経験内容も含む)
/Course content utilizing practical experience
授業時間外の学習
(予習・復習等)
/Preparation and review outside class
前半(Part I)については,復習が大切です.離散数学の知識が不足して,内容をしっかりと理解できない学生は,離散数学の復習をすること.
後半(Part II)については,担当分の内容の理解と,プレゼンの準備をしっかりおこなうこと.
成績評価方法
および評価基準
(最低達成基準を含む)
/Evaluation and grading
割り当てられたゲームの必勝法のプレゼンと,授業中の貢献(講義や他の学生のプレゼンに対して適切な質問をしたかなど)によって,成績を評価します.
オフィスアワー:
授業相談
/Office hours
金曜日4, 5限.質問等があるときは事前にメールでアポイ ントメントを取ってから研究室を訪問するようにしてください.
学生へのメッセージ
/Message for students
この講義はJUSST用に準備したものです.離散数学(2年生の前期に開講)の知識を前提として,講義を進めます.離散数学に興味を持った人の聴講をお待ちしてます.
その他
/Others
なし
キーワード
/Keyword(s)
ゲーム,必勝法